PCレンタルせずに済んだ理由(追記あり)

※今日の定時配信は、6分ごとに、あと5本。

リカバリに失敗した俺の唯一のノートPC。

昨夜、修理に出してきた。

早くて2週間、遅くて1ヶ月程度かかるとのこと。

日曜日の夜の定例配信記事だが、2017年10月30日の記事(金に糸目をつけないけど… 15万円以内だって?)の知人が、買い替え前に使っていたノートPCを、セットアップ料の代わりに、もらってきた。

もちろん、知人の目の前でリカバリ開始して。

だって、買い替えたPCのセットアップから、使い方まで、実質無料でやらされたんだから、当然だよな。

同意の上での話だよ。

「燃えるゴミの日に、要らなくなったノートPCを出していいのか?」と聞かれたからな。

さすが、腐ってもハイスペックだわ。

これなら、PCレンタルせずに乗り切れるし、最終的には、サブPCとなる。

性能的には、どっちがメインか、わからないけど。

ということで、動画編集もアップも、問題なくできたし、定例配信記事も書けた。

ただ、通信速度が遅いんだよ。

修理に出したノートPCが、元気だった時、こういう速度だった。
screenshot-2017-11-09-20-07-43-680.png

でも、このPCだと、こんな速度。
screenshot-2017-11-12-13-41-19-668.png

使えるだけマシだけど。

「捨てる神あれば拾う神あり」ならぬ、「捨てるPCあれば拾うPCあり」だな。

えっ、意味が違うって?
----
(追記 2017年11月18日)
メーカーから、家電量販店を通じて、確認の電話があった。

原因は、ハードディスクの故障ということで、交換が必要とのこと。

で、最終確認。

修理の依頼書(黒塗りだらけになるので公開しない)には、免責1万円の5年保証適用時には連絡不要というところにチェックしているのに?

訳わからん。

さっさと修理して、返してくれよ。
----
(追記 2017年11月26日)
まだ、修理から戻ってこない。

腐ってもハイスペックだが、このPCには、Officeが入っていない。

つまり、ExcelやWordが使えないのだ。

購入当時は、付属していたらしいのだが(メーカーのサポートページで型番検索したら、「Office Home and Business 2010」)、取説を含めて、どこへ仕舞い込んだのかわからないし、要らないと思って捨ててしまったかもしれないって。

プロダクトキーがわからないから、使えない。

何やってんだか…。
----
(追記 2017年11月28日)
2017年11月18日の追記にも書いたが、メーカーから、家電量販店を通じて、確認の電話がかかってきてから、10日が過ぎた。

メーカーからということは、当然、メーカーの修理センターにあるはず。

家電量販店に聞いてもわからないだろうから、メーカーサポートに電話してみた。

結果、「修理と動作確認が完了し、家電量販店の修理センターに、日曜日(11月26日)にFAX送信し、その返事待ちとのこと。」

どうやら、家電量販店の修理センターが、内容確認して、返却同意するようなシステムらしい。

おいおい、2日も放置するか?

修理が完了しているのなら、早く返してほしいと伝えたら、「お客様(俺)の同意があったという理由書を付けて、返送手配します。」とのこと。

そんなことができるんだ。

ハードディスク交換に、10日もかからないだろうと思うよな。

電話して正解だった。

それにしても、家電量販店の修理センターは、何やってんだ?

まだ、数日かかりそうだな。
----
(追記 2017年12月2日)
やっと、修理から返ってきた。

免責1万円を支払った。

このお金は、必要経費だから、財布の中にあった。(残していた)

ハードディスクの交換だけで、返却されたノートPCには、プリインストールされたソフトした入っていない。

必要なソフトを入れるという、途方もない作業をやっている。

購入時と同じ状態だから、Microsoftアカウントから、設定しなければならない。

続きは、また明日(じゃなくて今夜)だろうな。

だって、もうこんな時刻だから。
2017120202.png

そろそろ寝ます。

関連記事
(最終更新:2017年12月02日(土)02時36分20秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.