GoogleMapに虚偽情報を登録? 「ふぐ政 和歌山店」が、交通センター敷地内に?

※今日の定時配信は、15分ごとに、あと2本。そして、日曜日の定例記事が、20時以降に、3本の予定。

こういう使い方は不味いのだろうが、こうなってるよ、ということを証明するには、最適な方法かと。
screenshot-2017-11-04-12-15-26-637.png

実際の埋め込み地図。

和歌山県警交通センターの敷地内に、「ふぐ政 和歌山店」だって?

実際の店舗は、畑屋敷にある。

GoogleMapの元地図は、ゼンリンデータコムから提供されているが、掲載情報は、グーグルアカウントを持ってる人なら、誰でも、情報を追加したり。変更したりすることができる。

当然、審査されてからの更新となるのだが、審査が甘いのか、雑なのか、誤った情報が多数、登録されているのも事実。

GoogleMapを信用して、行ってみたら、全然違ってたなんて経験もある。

数年前の話だが、某店舗で、打ち合わせの予定があって、相手方は、実際の場所を知っていたが、俺は知らなかった。

運の悪いことに、その店舗のホームページがなく、GoogleMapで検索した。

で、行ったら、美容室に変わってた。

仕方なく、その美容室で尋ねたら、移転先を教えてくれたのだが、実際に移転したのは、その数年前だったという話。

駅とか、公共施設を調べたり、ルート検索するには問題ないのかもしれないが、掲載情報を鵜呑みにするのは、危険だなと。

下手に、店舗のホームページとか作ったら、勝手に、飲食店のポータルサイトに登録され、「待ち時間が長い」とか、「値段の割に美味しくない」とか、ネガティブな情報を書き込まれると、下手すりゃ死活問題となる。

地域の人だけに来てもらいたいとか、口コミだけの客だけでいいから、ホームページは作らないという話を聞いたこともある。

そういう店を、待ち合わせ場所に指定されると、地図サイトに頼ることになる。

虚偽情報を登録した人のアカウントは、ブロックするとか、そういう対応をしなければ、GoogleMapの信頼度は低下するだろうな。

しかし、笑うに笑えない話だが、笑うしかない。

ちなみに、本物の「ふぐ政 和歌山店」の地図(埋め込み地図)はここ。


関連記事
(最終更新:2017年12月04日(月)12時38分13秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.