ドラレコに取り付けた自作の偏光板 気温差対策が必要?

2017年10月28日(土)08時10分
                 
2017年4月8日の記事(費用をかけずにドライブレコーダーの車内の映り込みを考えた(試行錯誤した結果))の関連。

まさか、こんな映像になってたなんて。

記事関連動画 2017年10月27日

気象庁のデータによると、昨日(2017年10月27日)の朝の和歌山地方気象台の最低気温は、12.3℃。

そんなに低い気温でもない。

愛車のドライブレコーダーには、試行錯誤を繰り返して自作した偏光板を取り付けている。

車内の映り込みを軽減させるために。

しかし、ドライブレコーダー本体のレンズと、偏光板には、数ミリの隙間がある。

しかも、密閉状態。

今の時期で、こんなことになるなら、もっと寒い季節になったら、結露するかもしれない。

ちょっと考えなければいけないかもな。

関連記事
         (最終更新:2018年09月29日(土)20時23分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。