2017年・台風21号 道路冠水で通行止になった道路を走行してみた 2017年10月25日

※今日の定時配信は、15分後に、もう1本。

俺がクソガキだった頃、幹線道路だったとこ。

地図はないようだが、1975年の航空写真?が、インターネット上にあった。
screenshot-2017-10-25-23-26-59-938.png
http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/map/gmap.html?ll=34.203014,135.260712&z=16&data=history&t=gsigazo1

和田川沿いを通る道路。今でも、一部区間は、和歌山県道138号和歌山野上線となっている。

先日の台風21号の大雨で、堤防が崩落している部分もある。

和歌山県道13号和歌山橋本線の旧道(山東・東山東) 2017年10月25日

懐かしいと言えば、そうなのだが、この区間は、何十年も通っていない。

県道138号和歌山野上線は、紀美野町から抜けるのに、今春、通ったような。

もう一箇所は、伊太祁曽駅北交差点から、矢田峠に向いて、300m弱の区間。


この道路は、日常的に利用するが、南向きがよく混雑する。

抜け道があるから、混んでるなと思ったら、迂回するけど。

今回は、撮影目的での通行。

信号3回待ちだったような。

交通量が多いのに、実態に即した信号制御ができてないんだよな。

ついでに、和田川堤防道路も走行した。

和田川堤防道路(安原・岡崎・山東) 2017年10月25日

満潮時刻に近い訳でもないのに、水位は高かった。

米田排水機場付近の水位でわかる。

今期の浚渫工事で、水位が下がればいいけど、そう簡単な話ではない。

満潮時の逆流が、どこまで来るかを知ってる人には、無意味な工事だとわかるだろう。

干潮時の大雨なら、威力は発揮できるかもしれないが。

関連記事
(最終更新:2017年10月26日(木)08時00分22秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.