誤解を招きかねない表現 「加太線は運行しておりません」

その部分だけを見れば、んっ?となる。

誤解を招きかねない表現は、ここにある。

全部で6ページあるのだが、1ページ目だけ、引用する。(リンク先は6ページ表示されます)

2017102401.png
http://www.nankai.co.jp/var/rev0/0007/8809/171023.pdf

加太さかな線 「めでたいでんしゃ」 運行ダイヤの中に、「加太線は運行しておりません」という表示と、「運休」という表示がある。

この違いを尋ねてみた。

「加太線は運行しておりません」というのは、「加太線内は運行しておらず、和歌山港線で運行している」という意味。

「運休」というのは、「加太線内でも和歌山港線でも運行していない」という意味とのこと。

「和歌山港線・多奈川線を運行する場合があります。」と掲載されているのは、このニュースリリース。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/160225.pdf

しかし、「加太線は運行しておりません」という部分は、「加太線内では運行しておりません」と表示すべきだろう。

伝えたけど、「本社が…」なんて言ってるようなことでは、話にならないのでは?と思うが。

関連記事
(最終更新:2017年10月24日(火)18時09分08秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.