取材先によって異なるコメントが出された報道記事 2017年10月13日

和歌山県警の警視の自殺、公務災害認定 長時間労働でストレス - 産経WEST
警視自殺:残業200時間 国体担当、「公務災害」と認定 - 毎日新聞
超過勤務239時間「しんどい」、県警警視自殺 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
和歌山県警警視自殺を公務災害認定 3カ月で休み2日、超過勤務は200時間超え…周囲に「仕事のプレッシャーある」 - 産経WEST
和歌山県警警視自殺は「公務災害」、残業は月200時間超 TBS NEWS
和歌山県警警視の自殺は「公務災害」 2か月連続で残業200時間超|MBS 関西のニュース
自殺の警視「公務災害」認定、月200時間超残業 | WBS和歌山放送ニュース

記事本文を部分引用するが、
産経さんの最初の記事には、「県警警務課は共同通信の取材に「コメントはない」としている。」。
毎日さんの記事には、「県警厚生課は「職員全員が心身とも健康に働ける職場環境作りを徹底していきたい」とコメントしている。」。
読売さんの記事には、「県警厚生課は「二度と起こしてはならない。全職員が心身共に健康に働ける職場環境を目指し、再発防止に努めたい」とコメントした。」
産経さんの別の記事には、「県警厚生課は「二度と起こしてはならない。心身ともに健康に働ける職場環境をつくっていきたい」としている。」。
TBSさんの記事には、「和歌山県警は「全職員が心身ともに健康に働ける職場環境を目指し、再発防止に努めたい」としています。」。
MBSさんの記事には、「和歌山県警は「全職員が心身ともに健康に働ける職場環境を目指し、再発防止に努めたい」としています。」。
和歌山放送さんの記事には、「県警は「心身ともに健康で過ごせる職場づくりに取り組み、再発防止に努めたい」とコメントしています」。
と報道されている。

取材先が、警務課と厚生課で、こんなに違うコメントが出されるんだなと。

そして、毎度のことように、地元マスコミは、大手さんより遅いんだなと。

現時点では、テレビ和歌山さんと、NHK和歌山は、記事を出していない。

紀の国わかやま国体で、県警から自殺者が、大会関係者から逮捕者が出たなんて、前代未聞じゃないか?

逮捕記事、まだあったんだ。

リンク切れになったらこっち。
https://megalodon.jp/2017-1013-1402-04/wbs.co.jp/news/2015/10/24/69875.html

関連記事
(最終更新:2017年10月13日(金)14時06分36秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.