2017年10月1日(日)、「和歌山ビッグ愛」に辿り着けたのか?(追記あり)

2017年9月28日の記事(2017年10月1日(日)、「和歌山ビッグ愛」に辿り着けるのか?(追記あり))の結末。

13時に「和歌山ビッグ愛」に到着(送り)すべく、12時30分に家を出た。

先日の記事にも書いたが、施設警備員さんの読みが当たったな。

中央駐車場は、ガラガラだった。地域イベント並みか、それ以下って感じに見えた。

当然、国体道路もスムーズに。

「始まってしまえば、なんてことないんです。」と言ってた通り。

大半の客は、「電車+路線バス」、または「電車+徒歩」で来られたということだろう。

地方公演なのに、地元のファンにチケットが当たっていないという現状がある。

和歌山だけに限ったことではないが、転売屋が少なくない。

2日間で、3公演。

1枚7,500円のチケットが、転売屋に購入され、10倍近くの価格で取引されている。

今日の公演(2公演)だけで、844件の出品がある。

中には、複数枚を持っている出品者がある。
2017100101.png
https://ticketcamp.net/hey-say-jump-wakayama-tickets/#ticket-list-content
https://megalodon.jp/2017-1001-1351-50/https://ticketcamp.net:443/hey-say-jump-wakayama-tickets/(魚拓)

主催者側にしてみれば、チケットが完売すれば、それでいいのかもしれないが、どうなんだろうな。

公演自体には、興味はないが、何のための地方公演だ?

わざわざ、別記事にするようなものでもないから、この記事だけにしておくけど、おかしいと思うのは、気のせいだろうか。

で、時間通りに、送り届けることができた。

次は、16時の迎え。

大したことはないとは思うが、何かあれば、追記する。


----
(追記)
迎えもスムーズだった。


和歌山バスも、臨時バスを出したようだが、利用者は少なかったんじゃない?

雨だったら、利用者が多かったかも。

先日、話を伺った施設警備員さんに偶然会い、話を聞いたところ、「駐車場が、予想を下回った。」と。

「駐車料金の売り上げが、伸びないと困る。」とも。

詳しい説明は省略するが、指定管理者の入札に絡む部分がある。

公共施設の割に、駐車料金が高額設定されている。

利用者にしてみれば、無料でもいいんじゃないの?と思うだろうが、これがカラクリみたいなもの。

だから、近隣のショッピングセンターや家電量販店に、無断駐車する利用者が後を絶たない。

どことは書かないけど。

で、駐車料金がもったいなくて、歩くのも嫌という場合は、送迎という手段となる。

今回、利益を上げたのは、主催者と転売屋とJR西日本ぐらいだろ。

でも、面白いな。線路沿いを歩けば、近かっただろうに。

関連記事
(最終更新:2017年10月01日(日)19時24分27秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.