降水量が少ない! 2017年1月~9月の雨量

降るところでは、それなりに降っているようだが、和歌山市に限っていうと、やはり、少雨傾向だ。

気象庁のデータを元に、和歌山地方気象台(和歌山市男野芝丁)が観測した、1月1日から9月30日という期間で比較してみた。

2017年は、676.0mm。
2016年は、1236mm。
2015年は、1282mm。
2014年は、1132mm。
2013年は、994.5mm。
2012年は、1215.5mm。
2011年は、1425mm。
2010年は、1202mm。
気象庁|過去の気象データ検索より計算。

当該期間の平年値は、1055.5mm。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=65&block_no=47777&year=&month=&day=&view=

つまり、今年(2017年)1月1日から9月30日は、平年値の約64.04%しか降っていないということになる。

台風も、ある意味、期待外れだったような。

露地物野菜を作ってると、よくわかる。

台風じゃ、ダメなんだよ。

短時間にまとまって降っても、土壌に染み込まず流れるだけ。

大阪管区気象台が、2017年9月28日に発表した1か月予報を見ても、「暖かい空気に覆われやすいため、向こう1か月の気温は高い見込みです。
高気圧に覆われやすいため、向こう1か月の降水量は平年並か少なく、日照時間は平年並か多い見込みです。」とされている。

また、大阪管区気象台が、2017年9月25日に発表した3か月予報を見ても、「太平洋側では、低気圧や前線の影響を受けにくく、向こう 3 か月の降水量は平年並か少ない見込みです。」とされている。

我が家の菜園は、毎日、18リットルのポリ容器で、上水を運んでる。

農業用水は、汚くて使えない。

どうやら、少雨傾向は、今年いっぱい続くようだな。

関連記事
(最終更新:2017年10月01日(日)00時10分08秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.