教育委員会の偉いさんへ 中学生のSNSの危険性 ちゃんと指導してる?

俺が中学生の頃、携帯電話なんてものはなかった。

今の中学生は、スマホを持っている子が多い。

SNSの危険性について、学校を通じて、きちんと教えたほうがいい。

警察ができるのなら、それでも構わない。

Twitter、Facebook、LINE。Instagram、mixi…等々、様々なSNSがある。

俺は、Twitterしか使っていないが。

Twitterに限ったことではないが、SNSは、身近なところだけではなく、世界中と繋がっているということ。

そして、悪用されることがあるということ。

迂闊にペラペラとつぶやいてしまうと、身バレする可能性があるということ。

中学生だけに問題がある訳ではない。

その親御さんにも問題があると、俺は思う。

ゲームやSNSのし過ぎによる、学力の低下、ブルーライトによる視力の低下、歩きスマホ、自転車スマホ等々。

持たせるなと言ってるのではない。

使い方を誤ると、取り返しのつかないことになりかねないことを、教育委員の偉いさんが、理解・認識し、学校を通じて、生徒の安全を指導してほしいと言ってるのだ。

誰とは書かないが、複数の中学生から、Twitterを通じて、聞き取った。

個人情報を、あんなに簡単に書き込むとは、想定外だった。

フォローしてくれた子から、辿っていったら、プロフィールに個人情報を書き込んでる子が居たので、注意喚起を兼ねて、ダイレクトメッセージを送った結果だ。

俺には、嫁も子も居ないから、今時の中学生のことは、正直、わからない。

でも、「駄目だこりゃ」というのはわかる。

プロフィール画像に顔出しして、実名フルネームで登録してるのもあった。

サイバーセキュリティ、何やってんだ?

どこぞの大学と提携して、危機管理やってんじゃなかったの?

とにかく、中学生でTwitterやってる子の、危機管理は、できていない。

世の中、善人ばかりじゃないってことは、あんたら(サイバー)もわかってんだろ。

「指導したけど、犯罪に巻き込まれた。」というのと、「何もせず、犯罪に巻き込まれた。」というのとでは、結果は同じかもしれないが、違うんだぞ。

こんな記事を書かなきゃいけないなんて、俺も、想定外だよ。

関連記事
(最終更新:2017年09月15日(金)08時05分07秒)

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。


 



  ページトップ

Copyright (C) 2014-2017 40代、和歌山××人間(社会不適合者)の不適格ブログ. All Rights Reserved.