2017年7月30日の雨で大半のトマトが裂果

2017年07月31日(月)08時00分
                 
最悪だよ、まったく。

前日の夕方にわかっていれば、完熟前のトマトも収穫したのに。

ほんの一例
P7300293.jpg

P7300294.jpg

P7300295.jpg

トマトの苗を植え付けて、一番果ができると、それ以降、水やりはしない。

2017年は、少雨傾向だから、調整が難しかったけど。

で、暑い日が続くと、甘みが凝縮され、美味しいトマトができる。

ところが、短時間に一気に雨が降ると、トマトは、ここぞとばかりに吸水し、結果、裂果してしまう。

裂果したトマトは、水っぽくなって、美味しくない。

当然、見た目も。

こうなったら、裂果の連鎖を防ぐために、裂果したトマトを廃棄せずに残しておく。

裂果していないトマトを守るために、敢えて犠牲になってもらうしかない。

ハウス栽培だと、こういうことは起こらないが、露地物だからな。

だから、常に、天気予報を気にしている。

でも、朝、起きたら、まとまった雨が降った後なんだもんな。

関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時09分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。