日本年金機構民間委託事業者から国民年金の通知ハガキが届いた 2017年5月27日

2017年05月27日(土)21時55分
                 
CCI20170527.jpg

CCI20170527_0001.jpg

CCI20170527_0002.jpg

偽物っぽい作りだが、本物だ。

日本年金機構は、支払督促を外部委託している。

民間事業者と担当地域は、ここで確認できる。
国民年金保険料のご案内は、民間事業者に委託しています|日本年金機構

掲載されていない事業者からの通知は、詐欺だと思えばいい。

最近の特殊詐欺って、実在している企業に似せた企業名で騙そうとする輩が居る。

そういえば、これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要だったのが、平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになる。

詳しくはこちら。
必要な資格期間が25年から10年に短縮されます|日本年金機構

資格期間が10年だと、老齢年金は、雀の涙以下だろうな。

資格期間が25年以上でも、国民年金だったら、雀の涙らしいからな。

俺の資格期間は、何年だっけ?

随分前に記事にしたような気もするが、忘れよう。

真っ当かどうかは別として、正社員雇用で働いていた時期もある。

しかし、途中からは、非正規雇用や自営扱いというのもあったからな。

正社員同様のシフトで、雇用保険だけっていう会社や、従業員全員が自営業扱い(下請け)みたいな、所得税すら控除されない企業に属してたこともあったからな。

自分で選んだ道だから、どうこう言っても始まらないが。


関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時09分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。