ドコモスマホに振り回された2年間が過ぎた 2017年5月29日

2017年05月29日(月)08時00分
                 
2年前の今日(2017年5月29日)、臨時収入があり、ドコモガラケーに見切りを付けて、ドコモスマホに乗り換えた。

しかし、2年後の今、ドコモスマホ見切りを付けて、ドコモガラホ(通話専用端末)と、白ロム化したドコモスマホを楽天モバイルに持ち込んで、通信専用端末として使っている。

2台持ちって、煩わしさがあるが、通話中にメールが届いても、すぐにわかるし、通話しながら、調べ物もできる。

何よりも、毎月の維持費が、大きく下がることに、最大のメリットがある。

ドコモショップよりも、ドコモオンラインショップのほうが、分割審査は通りやすいし、キャンペーン等で、契約事務手数料が無料になることもあるし、頭金も不要。

高性能・高機能のスマホなんて必要ないし、メールとアプリ、インターネットブラウザが使えればいい。

2年前は、24ヶ月実質0円機種が複数あった。

しかし、今では、そういう端末はなくなったし、廉価モデルを購入しても、毎月の維持費は、決して安くはない。

報道発表資料 : 月々のご利用料金からずっと1,500円割引く料金プラン「docomo with」を提供 | お知らせ | NTTドコモ

こんなサービスを始めても、制約がありすぎて、メリットはない。

2台持ちには敵わないということだ。

携帯電話料金って、ややこしいよな。

ただ、今の契約(2台持ち)も、いつまで続けられるかわからない。

通話専用端末(ガラホ・P-01J)は、電池パックの交換は可能だが、通信専用端末(スマホ・F-02G)は、電池パックの交換は不可能。

いずれ、寿命が来るということだ。
Screenshot_2017-05-29-00-35-06.png

今すぐに、どうこうなるという訳でもなさそうだが。

そうなったらどうするか?

そもそも、かけ放題の通話専用端末だけで充分なのではなかろうか?

外出先で、メールやインターネットが使えなくても、どうってことないだろう。

昔は、そうだったんだから。

便利なものだけど、様々なことをスマホに通知され、鬱陶しいと感じることもある。

ガラホの月々サポートが終わったら(約2年後だけど)、携帯電話の使い方を全体的に見直そうと思ってる。

少なくとも、24ヶ月実質0円(実際は23ヶ月で機種変更したから、3,888円)を適用させるために、毎月7,000円✕23ヶ月=161,000円をドブに捨てたようなもの。

そう思うのは気のせいだろうか?
関連記事
         (最終更新:2017年12月26日(火)23時25分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。