気象情報アプリによって観測データが違うってどういうこと?

2017年05月29日(月)22時04分
                 
2017052901.png
和歌山(ワカヤマ) 毎正時の観測データ(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-65042.html?areaCode=000&groupCode=48

Screenshot_2017-05-29-21-45-57.png
Yahoo!天気 - 雨雲の接近や雨雪の判別がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリ
https://weather.yahoo.co.jp/weather/promo/app/

Screenshot_2017-05-29-18-34-39.png
日本気象協会 tenki.jp
http://www.tenki.jp/
(PCサイト最下部付近にアプリの紹介がある)

つい最近まで、「Yahoo!天気 - 雨雲の接近や雨雪の判別がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリ」を使ってた。

ところが、雨が降らないのに、雨雲接近とかの通知が来る(誤報)が頻発したため、もうちょっと正確なアプリを探していた。
Screenshot_2017-05-21-15-22-59.png

Screenshot_2017-05-22-18-55-34.png

で、乗り換えたのが、日本気象協会が運営している「tenki.jp 天気・地震など無料の天気予報アプリ」。

しかし、観測データに誤差がある。

日本気象協会は、気象庁のデータを使っているはず。

しばらくは様子見するが、ちょっとなぁと感じるのは気のせいだろうか?


関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時09分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。