不法行為・違法行為を棚上げし削除依頼とは… 和歌山市内の某警備会社

2017年03月14日(火)04時13分
                 
既に、削除処置を施しましたが、せっかくの機会なので、動画ごとの再生回数を公表します。

https://www.youtube.com/watch?v=7ZeMaVAEj2Q (視聴回数 398 回)
https://www.youtube.com/watch?v=BReMRRFjZMU (視聴回数 105 回)
https://www.youtube.com/watch?v=Ldx3uK5z2U8 (視聴回数 64 回)
https://www.youtube.com/watch?v=WQ0f9DpZomY (視聴回数 364 回)
https://www.youtube.com/watch?v=lkfGB7umukc (視聴回数 78 回)
https://www.youtube.com/watch?v=p4DCtorBjjo (視聴回数 80 回)

そして、危険な交通誘導警備員が、「止まれ」の標識や路面標示を無視させて、何度も、違法行為を助長させた交差点は、この場所です。
https://goo.gl/maps/8ycNEVp4KE22

共有という形で、埋め込んでますが、実際の風景は、大きく変わっています。

でも、動画は削除しても、元データは、俺のパソコンに存在しますので、データコピーをして、関係各所に無償提供させていただきます。

こういう方法があるというのを、別の工事現場で知りましたから。

ネット上に、動画は存在しませんが、和歌山東警察署の交通課の警察官が言った通り、交通誘導警備員の合図(誘導)に従って、交通事故が発生した場合、責任は、事故を起こした運転手にあります。

交通誘導警備員の誘導ミスがドライブレコーダーや、第三者の目撃証言で証明できたとしても、運転手側の過失がゼロになることはありえません。

和歌山市営岡崎団地周辺を走行される方は、交通誘導警備員の誘導を鵜呑みにせず、自身で安全確認をしてから、交差点に進入するよう、強くお勧めします。

どこの警備会社とは書きませんが、岡崎団地の解体工事現場付近に居ます。

警察官でもないのに、「止まれ」の標識や路面標示を無視させる交通誘導警備員は、駆除すべきでは?

事故が起きてからでは遅いですよ。

和歌山だから、何があっても不思議ではないが。

でも、不思議ですよね、こういう動画がYouTube上に存在するのにね。

以下、共有です。












関連記事
         (最終更新:2017年10月16日(月)23時14分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。