議員って誰のために仕事してるの?

2015年03月18日(水)08時00分
                 
「意見には個人差があります」

地元の時事ネタ、政治ネタで書きたくなかったんだけど、最近、和歌山の議員って、どうなんだろうって思う。

議員って言っても、衆議院議員、参議院議員、県議会議員、市議会議員等々、大勢いるけど、一体、誰のために仕事してるのか?と思うことが少なくない。

某政党の衆議院議員は、不倫で週刊誌で醜態を晒したし、県議会議員は、いわゆる「政務活動費」問題で、新聞記事になった。

全てがそうではないと思うが、一部の議員の不可解な行動で、政治不信を招いているのではないかと思う。

「政治とカネ」の問題は、和歌山だけではないが、私利私欲で議員活動してもらっては、困る。

国会議員は、国民の為に、県議会議員は、県民の為に、市議会議員は、市民の為に働いてもらいたい。

来月、統一地方選挙で、和歌山市では、県議会議員選挙と市議会議員選挙がある。

自己の利益のために議員になろうとする人は、選びたくない。

選挙で当選した議員は、職務を全うしてほしいと思う。

不倫だの、政務活動費問題だの、腐った記事で、和歌山を有名にしてほしくない。

就職活動で、議員になろうとする奴、売名行為で立候補する奴は、議員として相応しいのかどうか?

今回の統一地方選挙は、面白くなりそうだ。

「意見には個人差があります」



 
関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時16分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。