入口のETC専用レーンが工事中だと面倒だな

2016年09月28日(水)23時37分
                 
阪和自動車道の下津インターで入って、海南インターで出た。

下津インターのETC専用レーンが工事中で、一般レーンで通行券を手渡された。

その時にくれた紙がこれ。
CCI20160928.jpg

CCI20160928_0001.jpg

出口の係員に、通行券とETCカードを手渡してくださいと言われた。

ところが、海南インターは、無人だ。

精算機だあるだけだ。

しかも、下津インターから海南インターは、トンネル1個だけ。

紙を読む間もないし、読みながら運転できない。

海南インターの精算機が、自動音声で、「ETCカードをお持ちの場合は挿入してください」みたいなことを言ったので、その通りにした。

すると、どこからともなく、マイクを通した大きな声で、「どこからですか?」と言うので、「下津から」と答えると、「先に通行券を入れてください」だって。

「こちらで処理しますから」と。

なんのこっちゃ?

どうやら、遠隔操作されているようで、気分悪かった。

帰宅後、紙を見たら、ご覧の通り。

下津インターから海南インターじゃ、わからんわな。
CCI20160928_0002.jpg

阪和自動車道・下津インターから海南インター 2016年9月28日


関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時13分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。