親の車のドライブレコーダーも寿命か?

2015年03月24日(火)08時00分
                 
俺の車に取り付けてるドライブレコーダーは、約6年くらい使ってたのが、先月、壊れて買い替えた。

親の車に取り付けてるドライブレコーダーは、最近、やたらとアラーム音が鳴り、様子がおかしいらしい。

昨日、本体を取り外し、設定とデータを確認。「DRY-R3」という、30万画素しかないもので、見るに堪えない動画が記録されてた。

約5年前に購入したらしいが、当時としては、こんなもんだったんだろう。

経年劣化もあるのだろうが、とりあえず、感度を低く設定し、様子をみることに。

ドライブレコーダーが必要か?という気もしなくはないが、事故った時の証拠になるかもしれないし、ならないかもしれないが、年齢的に、事故る可能性が無きにしもあらずなので、あったほうがいいのかなと。

ただ、ドライブレコーダーってものも、ピンからキリまであるようで、購入者レビューを確認しながら、吟味する必要がある。

最新機種は、画質も向上し、上位機種になると、前の車が動き出したらアラーム音で知らせてくれる機能や、車線をはみ出すと警告してくれる機能があるものも存在する。

しかし、そこまでの機能が必要だろうか?

事故った瞬間を、それなりの画質で撮影してくれるだけで事足りるのではないかと思う。

手頃な商品を見つけるのは、大変である。

日本製より、中国製が大多数を占めているが、相対的に、評価は良くない。

かと言って、日本製は、高価すぎて手が出ない。

「意見には個人差があります」

個人的に、中国製よりも、台湾製のほうが、優れているように思う。

最低300万画素以上で、Gセンサーがあれば充分だ。

ただ、フレームレートが30fpsというのは、西日本では使えない。60Hzなので、信号機の色が確認できない場合がある。

最低300万画素以上で、Gセンサー搭載で、27.5fpsという機種は、あまり見かけない。

国内メーカーも、気の利いた商品を発売してほしいと思う。

手頃な機種があれば、購入を検討したいと思っている。

----
コムテック

@U-sK JAPAN









 
関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時16分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。