「FC2の代表者が逮捕」じゃないよ

2015年04月23日(木)18時18分
                 
インターネットの怖いとこ。

それは、誤った情報が、正しい情報のように伝わってしまうこと。

今日、某広告代理店が、こういう情報を配信した。

----

ニュースでも取り上げられておりますFC2ですが、
運営会社の社長が逮捕された事はご存知でしょうか

それにより、FC2系列サービスの停止・削除の可能性が非常に高まりました。
早ければ明日にでも御利用のFC2系列のサービスが停止・削除される可能性があります。

----

しかし、FC2総合インフォメーションでは、こういう公式発表をしている。

----

本日の報道に関しまして

平素は、FC2(fc2.com)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2015年4月22日(日本時間23日)に弊社の開発委託先会社の社長が逮捕されたとの報道がございました。

報道では、開発委託先会社ではなく、FC2の代表者が逮捕されたとの誤った報道が散見されますが、FC2の代表者が逮捕されたという事実はございません。

FC2は、今までどおりコンプライアンスを重視し、ユーザー様のご要望・ご期待にに沿えるよう全力でサービスを提供して行く所存です。

----

「意見には個人差があります」

必要最低限の措置(バックアップ等)は、常にやっているので、仮に消えても、問題ないと考えている。
 
関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時16分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。