YouTube動画の評価と検索キーワードについて

2016年05月28日(土)01時31分
                 
2016052800535984a.png

このブログの最下部にも、俺がアップした、ほぼすべての動画を埋め込んでいるが、「高評価」よりも「低評価」のほうが断然多い。

約2倍の差がある。

数字に対する不満はない。

社会不適合者が、不適格な動画をアップしているのだから、当然のことだと思っている。

ただ、動画を視聴された方が、動画の内容についての評価をしているのか?

それとも、俺に対しての評価なのか?

疑問に思うことがある。

だから、俺に対しての不満のある方は、動画の内容に関わらず、是非、「低評価」を付けていただきたい。

誰が、どういう評価を付けたのかは、わからない仕組みだから、安心してください。

YouTubeで動画をアップしている人は、ご存知のはず。

みなさんからの「低評価」が、俺の励みになりますから。

なぜ、わざわざ、こういう記事を書くのか?

それは、社会不適合だということを自負しているから。

社会に適合しようなんて、これっぽっちも考えていない。

ただ、間違えないでもらいたいのは、「社会不適合=反社会的勢力」ではないということ。

仮に、俺が、反社会的勢力なら、こんな生温いことはしませんよ。

それに、反社会的勢力の構成員というのは、俺のような人間には適さないんだよ。

でも、嫌いじゃないよ。筋が通ってるもんな。

お友達にはなりたくないけど。

「反社会的勢力 社会不適合 和歌山 ○○(俺の実名の苗字)」という検索キーワードで、このブログに来られる方が、ほぼ毎日居る。

同一端末(おそらく同一人物)だから、IPアドレスも特定できているが、そこまでして、俺をそっちの方向に仕向けたいのか?と思ったりもする。

まあ、好きにしたらいい。

仮想現実という、ネットの世界だから、過激にやりたければ、好きなだけやってください。

俺も、やりたいように、やってますから。

関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時14分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。