外国人7割 日本人3割

2016年03月08日(火)23時52分
                 
京都市内のある史跡で尋ねたら、こういう答えだった。

ただ、先週末からは、少し日本人の割合が増えてきたようだとも。

卒業式が終わった学生さんが増えてきたのかなみたいな。

大阪にしろ、京都にしろ、何もしなくても外国人観光客が来てくれる観光地だもんな。

和歌山は、団体で宿泊できる宿が取れないから、泊まるためだけに来てくれるだけで、観光目的でないという。

補助金を出さなきゃ来てくれないようじゃ、話にならないよな。

P3080063.jpg

P3080064.jpg

京都市内のある観光地に立てられていたノボリ。

まるで、滋賀と和歌山は蚊帳の外だな。

CCI20160309.jpg

そして、外国人観光客が多い地域でのレンタサイクル。

歩行者を邪魔者のように、ベルを鳴らしまくって、走り回る光景。

歩行者と自転車の優先度を理解されていないから、こういうことになるのだろうが、自転車を貸し出す側も、何らかの対策が必要だろう。

自転車に乗ってる人も、歩いてる人も、大半は外国人観光客だから、何とかなってるのかもしれない。

しかし、日本を訪れる外国人観光客の人数は凄いな。

中国語・韓国語・英語だけではなく、どこの国の言葉かわからない国も。

そして、ややこしいのが、公共交通機関。

外国人観光客のほとんどが、乗り放題の乗車券を持っていたが、バスがややこしい。

バスが終点に到着しても、解らない。運転手も「終点です」と日本語で伝えるが、通じない。

団体ツアーならともかく、個人(家族)旅行で来日されている方には、ちと可哀想に感じた。

俺の身振り手振りで、伝わったようだが。

京都に2日間滞在して、正直、外国人観光客の多さには驚いたよ。

P3080058.jpg

京都駅前のバス乗り場の光景

関連記事
         (最終更新:2017年09月12日(火)23時14分)
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。